本文へ移動

ISO14001:定期監査 無事終了(^^)!

ISO14001:2015
年1回の定期監査が無事終了☆
1(星)定期監査:2020年1月14日
 
社内計画に沿って、実行、結果報告されているか、環境マネジメントシステムのパフォーマンスを継続的に改善するための処置されているか、まる1日かけて細部にわたる監査が行われました。不適合の指摘なく、定期監査が無事終了致しました。
 
ISO14001は、環境マネジメントシステム(Environmental Management System)のことで、環境に関する国際的な標準規格です。
 
 王冠初めて認証取得 2009年1月9日:2004
 王冠 改訂版を取得 2018年1月9日:2015
 
ーーーー▼△▼ーーーーーーー▼△▼ーーーーーー
四葉のクローバー【ISO 14001 環境活動って何?】四葉のクローバー
環境にやさしい企業というと、紙・ごみ・電気の削減等の省エネに力を入れたり、グリーン製品を購入したり、清掃活動を行ったり…「環境活動」と思われがちですが、ISO 14001では環境活動だけを対象としているわけではありません。

例えば、書類をコピーする場合、両面コピー、裏紙使用等で紙のムダを省くことがあります。しかし、もともと『紙を極力使用しない社内システム』にすれば、用紙削減・業務改善・コスト削減へつながります。ごみを出さなければ、環境に悪影響を及ぼさないって点から『環境にやさしい』です。業務全体の流れの中で環境への影響を考えていくのが、ISO 14001です。

組織内の『ムダ』にも注目し、『業務の効率化、合理化を図る』まで視野に入れたシステムを作ります。

また、組織を取り巻くすべてのヒト(地域住民、利害関係者)、モノ(水、空気など)に対し、組織が与えている影響を明らかにし、悪い影響を与えているのであれば、それを解決させていくための会社独自システムを作ります。
この規格は「PDCA」が基礎となり、組織の環境方針に沿った結果を出すために、

必要な目的・プロセス設定/計画(Plan)➡それを実行/運用(Do)➡結果を確認/報告(Check)➡環境マネジメントシステムのパフォーマンスを継続的に改善するための処置(Act)➡再度計画を立てる、というサイクルを回していく仕組みです。

ーーーー▼△▼ーーーーーーー▼△▼ーーーーーー
 

 毎年の監査ではありますが、ISO担当者以外の社内監査もあり、全社員大変緊張した1日でした。
 
今後も環境目的・目標、環境パフォーマンスの内容を再確認しながら、『環境にやさしい 会社にやさしい 社会にやさしい』 『社会貢献の企業』としてPDCAサイクルによる継続的改善を行っていきます。

 社員一同、より一層目標に向けて精進していきますので、今後共どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

 
株式会社PARCON
〒503-0801
岐阜県大垣市
和合新町1丁目25番地1
TEL.0584-82-8060
FAX.0584-82-8061

E-mail  info@parcon.co.jp
────────────────
■業務請負事業
■人材派遣事業
■職業紹介事業
────────────────
労働者派遣事業
(派21-300019)
有料職業紹介事業
(21-ユ-300079)
(20登-004331)
中部アウトソーシング協同組合
(平成16-06-07中部第11号)
ISO 14001:2015
 環境マネジメントシステム
 認証取得
────────────────
1
0
8
4
4
0
TOPへ戻る